【事業報告】農観連携交流会

農観連携交流会風景群馬県6次産業化サポートセンターでは、平成27年3月12日(木)に群馬県での農観連栄を推進する上での課題を検証し、先進事例から課題解決の糸口を探り、ノウハウの共有を図ることを目的に農観連携交流会を開催しました。

基調講演として、「旅行会社から見た農業観光」として、((株)日本旅行 経営管理部新規事業室チーフマネージャー砂子隆志 先生に農観コミュニケ―ションが増えることにより、農業者・観光業者・旅行業者パネルディスカッションとの出会いが増え、農業だけで完結せず、地域とも連携を図ることで魅力向上についてご講演いただきました。

3カ所の先進事例をご紹介いただき、「群馬県の農業観光の推進に向けて」と題し、パネルディスカッションを行い、多くの参加した皆様も先進事例からノウハウを共有することができました。